顧客の利益を最優先とし、「長期的なパートナーであること」 リアルパートナーを目指します。

顧客のニーズを捉え、最高のパフォーマンスで期待に応えれるよう切磋琢磨します。
世界に挑戦できる強いチーム作りを 相互尊重・協力の基に探求します。
いかなる競争下においても、それに臨む手法・手段を正しく選択します。
法律、規則、約束を遵守し、倫理観を持って業務を遂行することを信義とします。


2001年
「インターネットのセキュリティ」を普及することを目的に創業。
「SSL暗号化通信」、CMS(コンテントマネージメント)の普及促進。
当時、国内回線は、「ISDN」主流により安定的な通信セッションを維持できない環境。

SSL(暗号化通信)

CMS(現在のWORDPRESS)

は、回線速度により性能を発揮出来ず。


2003年

「個人情報保護法」施行


高速回線普及に伴い、「ネット利用の安全性」が意識される状況に。

海外オープンソースのローカライズ(日本語化)を促進。

リソース再活用により、開発規模を縮小することを目指す。

CMS(コンテンツマネージメントシステム)のホームページ作成。

バーチャルキャラクターAPIの国内導入促進。

人類史上、最も急速にテクノロジーが急速に発展した過程と考えます。




2008年

「エタノール製剤 サイプレスクリア」取り扱い開始

2009年

「新型インフルエンザPandemic 2009H1N1」発生

2010年

放射線測定器の取り扱いを開始

2011年

東日本大震災発生


2020年

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)発生

「子供たちを守る」衛生対策をスタート(消毒薬の安全な利用促進)

官公庁備蓄対応、企業備蓄計画サポート(事業継続計画)



「目に見えない脅威」に私達は、取り組み続けています。


「エタノール製剤を販売する理由」

インターネットセキュリティリスク・病原菌ウイルス共に、「目には見えない脅威は」同じ。

「目には見えない脅威」に備えることが、重要と考えます。

「コロナ2019」は、社会を大きく変化させました。

デジタルの発展と依存により、企業の規模にかかわらず相応のリスク管理が必要です。


「目に見えない脅威」に備える

「インターネットは必ず普及し、日常生活に浸透する」ことを想定。
ただし、インターネットは、本来オープンネットワーク。
当時、「セキュリティ」を最重視したものでなく、必要な措置が必要なのは明らかでした。
インターネットの普及と同時に「セキュリテイ対策」が必要。

放射線測定器は、「輸入食品」等の放射能残量を想定。

エタノール製剤は、「固形石鹸~ハンドソープ」普及の経験から、「衛生向上」により「感染症対策」が意識されると想定。

「目に見えない脅威」に対策が必要です。「感染症対策」と、「ライフライン寸断」のような災害に共通するのは、衛生環境悪化。
電気等のインフラが寸断された場合、「エタノール製剤」は、最もスピーディに除菌可能です。


多くの顧客から支持いただく理由


「必要なものを必要な時に」調達。感染症対策下でも実証されました。

全てのサービス・商品において、継続的サポート困難なものは取り扱いません。

「安心・安全」をテーマに、「科学と技術に基づき」行動します。